50歳以上で求人を探すコツ|本気で転職を考える!

*

50歳以上の転職の流れ

 スポーツでも転職活動でも、流れは自ら持ってくるもの。ただ、スポーツと違い転職活動の多くは、自分自身のみでその流れを生み出し加速させることができます。流れを生み出すべく知っておきたいポイント、これを5つ挙げてみました。順番に見ていきましょう。

就職・転職準備について

 年齢、経験、実績、性格、目標と、あなたが考えなければならないことは多くあります。ひとつずつを精査し、良い流れで進めるために、精査して出てきたモノを大きくするような意識を持っておきましょう。あなたに欠けているものを、これらが上手くカバーしてくれるはずです。

【参考記事】
完璧な自己分析でスムーズな転職を
目的が転職ほど危険なものはない
良い転職活動は流れの把握から
休職中の転職活動をお勧めしない理由はコレ
50歳以上の方が転職するにはどれくらいの期間が必要なのか

求人情報について

 使えるものは、どんどんと使う。特に求人情報を集める媒体には、躊躇なくトライしてみることです。ある媒体にしか求人を出していない企業や職種もあります。そうしたものをみすみす逃すのは勿体ないですから、身の回りにある媒体の良し悪しは、是非一度使ってみてから判断してください。

【参考記事】
仕事探しで押さえておきたいポイント
チェックポイント盛りだくさんの求人票
スカウト機能で幅広くアピールを
50歳以上の転職とブラック企業の見分け方

履歴書や職務経歴書について

 プライドが邪魔をすることもあるでしょう。しかし、誰かにサポートしてもらうことで、あなたを魅力的に表現した応募書類が出来上がることもあります。もし、本気で転職したいと考えるなら、そうした作成方法も視野に入れておきましょう。

【参考記事】
良い職務経歴書と悪い職務経歴書
50歳以上の履歴書のポイント
どこにある?履歴書と職務経歴書の違い

面接について

 応募書類の作成まででしっかりとした流れに乗れていれば、あとはその勢いのまま面接に挑むことができます。ただし、無策ではいけません。準備や情報収集、書類作成によって頭も柔軟になっているでしょうから、それを面接でも発揮できるよう、他者とのコミュニケーションの練習を積んだ上で臨みましょう。

【参考記事】
ベテラン社会人が知っておきたい面接マナー
服装だけで採用・不採用が決まる?
おろそかにできない長所と短所の質問

退職・入社準備について

 円満退職と問題が生じるような悪い退職は、まさに紙一重。少しボタンを掛け違えただけでも、全く異なる退職となってしまいます。転職活動の良い流れを、退職活動にも繋げるようにしましょう。問題は生じる前に回避すること。そうすれば、訪れる結果は円満退職です。

【参考記事】
手続き次第で退社が変わる?
前もって用意しておきたい入社式の自己紹介
途中入社としての自覚を持とう
50歳以上の転職と職場へのなじみ方
求人に記載のある試用期間とは?転職希望者必須の知識です

公開日:
最終更新日:2016/01/07