50歳以上で求人を探すコツ|本気で転職を考える!

*

50歳以上の方が転職するにはどれくらいの期間が必要なのか

   

 転職を思案している男女にとって、“転職活動って通常はどのくらいかかるのだろう?他の人たちは何社くらい受けて、正社員に決まっているのだろうか?”という点は気になるポイントです。

 いろんな調査結果がありますが一番多かったのが8か月以内という回答。しかしこれは50歳以上の転職希望者には個人差があることをよく知っておきましょう。早く内定する人となかなか内定しない人の二極化と言われますが、その差はどこにあるのでしょう?

転職活動を早期に成功させるコツとは?

 通常50歳以上であれば、ものすごく早い人なら半年くらい、平均で8カ月から1年くらいの転職活動期間が必要であるようです。転職活動をするために会社を辞めるのは考え物です。1年以上現金収入が途絶える…なんて、考えただけでも50代には辛すぎます。

 在職者の方が年収交渉も強気で有利に進められるし、今の転職活動は在職しながら本格的な仕事探しが十分可能になってきています。50歳以上の転職希望者になりますととにかく多くの企業を受けなければならない…と思い込んでいる人もいますが、しっかりした企業研究ができていれば少な目のエントリーで済むでしょう。

なかなか内定しない人の共通点とは?

 キャリアゴールを見据えて、自分なりの成長戦略を持って転職活動をしている人であれば、人材としての自分の価値を高める会社を自然に見つけることが可能でしょう。

 “何のために転職するのか?”という点について考えがしっかりしている人は、転職先が早期に決まる傾向があります。現状から逃げるための転職とか、“年収UP”だけにこだわり、やりがいとか自分の好きな作業にこだわらない人はそういう面を採用担当に見抜かれるでしょう。

【関連記事】
完璧な自己分析でスムーズな転職を
目的が転職ほど危険なものはない
良い転職活動は流れの把握から
休職中の転職活動をお勧めしない理由はコレ

 - 転職の準備

  関連記事

目的が転職ほど危険なものはない

目的と転職がイコールはアウト  何か行動を起こす時には、必ずそこに目的がなければ …

完璧な自己分析でスムーズな転職を

50歳以上は自己分析が命  自己分析が必要ない転職者なんていないのですが、しかし …

良い転職活動は流れの把握から

転職活動の大まかな流れ  スタート地点があって、ゴール地点がある。その間にいくつ …

休職中の転職活動をお勧めしない理由はコレ

復職後か退職後の転職がオススメ  「休職中に転職活動をするのは、いけないことなの …