50歳以上で求人を探すコツ|本気で転職を考える!

*

服装だけで採用・不採用が決まる?

   

面接で服装が重要視される訳

 面接のための準備や対策として、必ず指摘されるのが、服装について。服装は、それだけで採用か不採用かが決まってしまうこともあるという、とても重要な面接時のポイント。

 どうしてそこまで重視されるのでしょうか。そこに人としての考え方、価値観、生き方、仕事への取り組み方、そして転職や企業への熱意の度合いというものが表れるからです。

 教養があり自覚を持ち、そして何よりも仕事ができる人は、誰から見られても恥ずかしくない格好をしているものです。それが面接の場となれば、なおさら完璧な服装で臨むはず。面接官はこうした内面の部分をチェックするためにも、服装に目を向けているのです。

細かいところもチェックされています

 服装は、意外と細かいところまでチェックされています。面接を担当する人が、スーツの着こなしに厳しい場合も想定し、できる限りの対策をとっておくようにしましょう。

 これは社会人であれば当然なのですが、スーツに白い靴下、あるいはそれに近い色の靴下は履いてはいけません。面接時には柄物も避け、濃い色の靴下を履いていきましょう。

 ボタンの留め方ですが、一番下のボタンのみを外し、あとは閉めておくようにしましょう。全部閉めておいた方がいいように思いますが、ビジネススーツの場合にはそうではないので要注意です。

 少し迷ってしまうのが、上着のポケットについているフラップ。屋内では通常中に入れておく、という話もあるものの、これは外に出しておいて問題はありません。

【関連記事】
ベテラン社会人が知っておきたい面接マナー
おろそかにできない長所と短所の質問

 - 面接

  関連記事

ベテラン社会人が知っておきたい面接マナー

印象を良くする表情と声  第一印象を良くして面接に臨むことは、とても大切なマナー …

おろそかにできない長所と短所の質問

長所と短所を関連づけた答え方  長所と短所を面接で伝える時には、少し気を遣います …