50歳以上で求人を探すコツ|本気で転職を考える!

*

仕事探しで押さえておきたいポイント

      2015/07/23

知識吸収で視野を拡大

 仕事探しに手を抜くと、転職活動全体に手を抜くことになります。自分のための転職をしたいと心から思っているのであれば、ここを適当にしてはいけません。

 仕事探しのひとつの大きな目的は、知識を吸収することにあります。求人を眺めていれば、今まで知らなかった企業ばかりが目につくことでしょう。まずは、自分がそれだけ企業に対して無知だということを知るべきです。

 企業だけではなく仕事の内容や業界にもそうした認識ができると思います。人間が小さな脳で把握していることは世の中の本当にわずかなことに過ぎず、その知識を少しでもこの仕事探しの作業で広げてあげることで、新たな目標が生まれたり、やりがいが見出せたりするのです。

 この作業によって視野を広げ、一度選択肢を広げておくと、次の作業にもこれがきっと活きてくるでしょう。

身の丈にあった仕事探しを

 さて、仕事探しによって知識を吸収し視野を拡大することで選択肢が増えたあなた。ここから絞り込み作業を行っていかなければなりません。増やした選択肢を絞り込んでいくのです。

 身の丈に合った仕事探し、これも50歳以上の転職者には必要な意識。年齢のことも考慮し、同時にキャリアのことも考えながら求人の絞り込みを行っていきます。

 この作業によって仕事探しにおける見切りの付け方を身につけましょう。これができれば適切な取捨選択ができ、本当に応募すべき求人が見えてくるはずです。

【関連記事】
チェックポイント盛りだくさんの求人票
スカウト機能で幅広くアピールを
50歳以上の転職とブラック企業の見分け方

 - 求人情報

  関連記事

スカウト機能で幅広くアピールを

利用して損なしのスカウト機能  自ら検索して応募する、エージェントに紹介してもら …

50歳以上の転職とブラック企業の見分け方

ネオブラック企業にも要注意!  50歳以上での転職の場合、入社後にブラック企業で …

チェックポイント盛りだくさんの求人票

一番気になる部分を徹底チェック  転職サイトの求人票の中で気になる部分は、人によ …