50歳以上で求人を探すコツ|本気で転職を考える!

*

ベテラン社会人が知っておきたい面接マナー

   

印象を良くする表情と声

 第一印象を良くして面接に臨むことは、とても大切なマナーです。その第一印象は何で作られるものなのでしょうか。服装もあるでしょう、髪型もあるでしょう。顔の作りもあるかもしれません。

 しかし、服装や髪型を良くしたとしても、「雰囲気」、これを良くしなければ第一印象というのは良くならないのです。実際に面接を担当する人は、この雰囲気を作り上げてこない人を「面接のマナーがなってない」と捉えることも多い。

 表情を柔らかくし、終始笑顔で面接を受けましょう。といっても、微笑です。歯が過剰に見えるような笑顔は、これもマナー的によくありません。そして、声。声質を変えるのは困難なので、せめて聞き取りやすい大きさと発声によって話すことを心がけてください。

勉強・対策なしで臨まないこと

 今度は少し違った角度から面接の時のマナーを考えてみたいと思いますが、今から挙げるものも、面接を担当する人がマナーの良し悪しとして判断する要素とされています。

 それは、勉強・対策などをしているかどうか。研究という言葉もそうでしょう。とにかく、今まさに面接を受けている企業のことをどれだけ知っているのか、というのが大事。全く知らないのに面接を受けている人は、いくら優秀なキャリアがあっても、「マナーがない」と思われ、採用候補に残らないことが多いようです。

 受かりたいなら、勉強と対策、そして研究は、マナーとしても欠かせないものとなるのです。

【関連記事】
服装だけで採用・不採用が決まる?
おろそかにできない長所と短所の質問

 - 面接

  関連記事

おろそかにできない長所と短所の質問

長所と短所を関連づけた答え方  長所と短所を面接で伝える時には、少し気を遣います …

服装だけで採用・不採用が決まる?

面接で服装が重要視される訳  面接のための準備や対策として、必ず指摘されるのが、 …