50歳以上で求人を探すコツ|本気で転職を考える!

*

50歳からでも需要はある!

 50歳を過ぎてから仕事を辞め、正社員として新しい会社に就職すると言うことは、現在の日本ではそう簡単なことではありません。求人情報のほとんどは20代や30代を求めるものばかりで、50歳以上の求人自体がほんのわずかしかないのが現状です。そのわずかな求人の採用枠に何十人も応募するので競争率は相当なものになります。

 しかし50代の転職が絶望的なのかというと、そんなことはありません。企業が50代を求めるということは、そのポジションに欠員ができ、穴埋め的な要員を求めていることがほとんどです。すなわち、20代や30代の若年層ではなく、経験や知識が豊富で即戦力として働くことができる40代・50代の人材を求める企業は常にあるのです。

 自分にできることをしっかりと把握し、それを効果的にアピールすることによって、50代が若年者よりも採用に有利に働くことがあります。

50歳からの誇れる強み

 50歳以上から転職をするにあたって、自分に強みなどあるのかと諦めている人もいるのではないでしょうか。50代には他の年代にはない、「経験・知識・人脈」と言った大きな強みがあります。

 特に活用したい強みは「人脈」です。50代ともなると社会経験は30年を過ぎている人も多く、これまでに培った人脈というものが誰にでもあるはずです。その人脈をフル活用して、縁故採用をしてもらえる可能性がないかもう一度よく考えてみましょう。同業のライバル会社、会社に出入りしていた業者や子会社など、思いつく限り書き出し整理して、些細なつながりでも退職挨拶状を送るなど可能性を探ってみるのも1つの方法です。

 そして、やはり50代の一番の強みとなるのは、これまでの長い社会経験で養われたスキル・知識でしょう。管理職を経験し、部下を指導・育成した人も多いはずです。実際に経験して身に付けたスキルや知識は、あなたの財産になっているはずです。若年者にはないこの大きな強みを自信にして、積極的にアピールすることで良い結果に繋がるでしょう。

転職成功者には共通点がある

 転職に失敗する人もいれば、成功させる人も必ずいるのです。成功者にはいくつかの共通点があります。

 一番大事なことですが、つい忘れがちになるのが強い意欲を持つことです。なかなか書類選考にも通らなく、月日だけがどんどんと流れていくと意欲もなくなっていくかもしれませんが、「どうしてもこの会社に採用されたい」という熱意がなければ採用担当者にも伝わりません。意欲を持って熱意をアピールしている人は、この人と一緒に働きたいと思わせることができるのです。

 また、こだわりを捨て、ある程度妥協することも大切です。過去の肩書きや年収などにこだわりすぎ、融通が利かない人は転職を成功させることができません。条件面に優先順位をつけて、ここまでは妥協できるという点をはっきりさせておくことが大事です。

 採用側が、経験やスキル以外に注意をして見ている点は、コミュニケーション能力の有無です。コミュニケーションを上手にとることができなければ、社内や社外の業務を円滑に進めることはできません。面接で質問されることを想定して、スムーズに答えられて上手にコミュニケーションがとれるように準備しておくことが大切です。

転職サイトの利用は欠かせない

 求人情報を集めるには、ハローワークや新聞の求人欄など様々な媒体がありますが、50代がぜひ利用したほうが良いのが転職サイトです。インターネットには馴染みが薄く、躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、ハローワークなどに比べて求人の質も良く豊富な情報があります。
 
 50歳からでは高い専門スキルや資格を持っている人も多いでしょう。転職サイトのスカウト機能を利用して、自分の経歴やスキルを公開すると、企業の方から「面接を受けませんか?」とオファーがくることもあるのでぜひ利用すべきです。
思いもよらない企業からオファーがくることもあり、転職活動の幅も広がるでしょう。

また、人材紹介会社(転職エージェント)に登録すると、1人1人に専任のアドバイザーがつき、これまでの経歴から自分に適した企業を的確に判断して紹介してくれます。ハローワークなどの求人には応募者が殺到しますが、人材紹介会社は非公開の求人を豊富に扱っているので、競争率も低くなるというメリットがあります。企業との間にアドバイザーが入って連絡を取ってくれるので、面接日の設定や勤務形態、年収の交渉なども行ってくれるので、安心感も得ることができるでしょう。

転職サイト利用者の成功例

 実際に転職サイトを利用して転職に成功した人の事例を紹介します。

(事例1)

 初めて転職サイトを利用しましたが、まず豊富な情報量に驚きました。ハローワークでは50歳以上の求人を見つけるだけでも一苦労だったのに、探し方を変えるだけでこんなに違うのだということがわかりました。会社の概要も詳しくわかるので、自分のスキルが役に立つかどうか判断もできたのが良かったです。

★成功のポイント!
 中高年の求人も豊富にあるので、年齢を理由に選択肢の幅を狭めることなく転職活動をすることができ、希望を持てたことが成功につながったと言えるでしょう。

(事例2)

 自分のこれまでの経験、スキルには自信を持っていましたが、それをどうアピールしたら良いのかわかりませんでした。アドバイザーの方に相談して、面接でのアピール方法や職務経歴書の書き方の工夫を教えてもらい、無事内定をもらうことができました。

★成功のポイント!
 プロのアドバイスを受け、スキルの活かし方など転職に関するノウハウを学べたことが成功の秘訣でしょう。自分自信のことは意外とわからないものです。第三者の客観的な判断も大切になります。

おわりに

 50歳を過ぎてからの転職活動に不安を感じている人も多いでしょう。家族を養っている人にとっては尚更辛い状況かもしれません。

 しかし絶望的になることはありません。50代を必要としている企業は必ずあります。これまでの豊富な経験を無駄にしないように、しっかりとアピールできるように準備を整えて転職活動に臨みましょう。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★

・大手リクルートが運営しているから安心
・幅広い年代層をカバー
・求人情報総数は業界トップクラス

公開日:
最終更新日:2015/04/01